Blog&column
ブログ・コラム

予後に受ける変形徒手矯正術について解説

query_builder 2021/07/22
コラム
24
大きな病気を患った予後は、寝たきりになる可能性が高いです。
寝たきりになると、身体を動かせなくなるので関節などの身体の機能が低下します。
そこで、役に立つのが「変形徒手矯正術」です。
「変形徒手矯正術」は、低下した身体の機能を回復するように働きかけます。
今回は、予後に受ける「変形徒手矯正術」についてご紹介します。

▼変形徒手矯正術とは
予後は、関節が上手く動かせなくなったり、曲がらなくなってしまう可能性が高いです。
自分で思うように動かせなくなってしまった肩・肘・手・手のひら・股関節・・足の関節を、マッサージ師が体重を掛けたり、曲げたり伸ばしたりする施術を「変形徒手矯正術」と言います。

▼変形徒手矯正術の施術方法
自身で動かせない関節を、マッサージ師がもみほぐします。
様子を見て力加減を調整し、声もかけながら少しずつおこない10回くらいにわけるのが基本的な方法です。

▼変形徒手矯正術の効果
「変形徒手矯正術」は、1日おきくらいにおこなうのが効果的です。
1週間に1度くらいの頻度だと、すぐに関節が元の状態に戻ってしまうので、なるべく頻繁におこなったほうが効果が期待できます。

▼まとめ
「変形徒手矯正術」は、予後に欠かせない施術法です。
施術を受けることによって、関節の変形を防ぎ、機能の回復が期待できます。
当店では、「変形徒手矯正術」をおこなっておりますので、必要な場合はお気軽にご相談ください。

NEW

  • お盆明けに注意したいこと

    query_builder 2021/08/20
  • 土用丑の日の鰻!

    query_builder 2021/07/24
  • 経絡図とツボ! 任脈

    query_builder 2021/07/09
  • 経絡図とツボ! 督脈

    query_builder 2021/07/08
  • 経絡図とツボ! 足の厥陰肝経

    query_builder 2021/07/07

CATEGORY

ARCHIVE